【まつげサプリ・バンビウィンクの育毛成分】

正しい細胞分裂を促進する物質

 

まつ毛育毛サプリ「バンビウィンク」公式ホームページはコチラ

 

バンビウィンクのまついく成分として、「ビオチン」に次いで訴求されている「ポリアミン」。

 

男性育毛剤にもよく使われる「ミノキシジル」と同等の育毛能力があるとのこと。

 

その仕組みは、育毛に関する4つの遺伝子の活性を高め、毛乳頭細胞を増加させる、とのことです。

 

このポリアミンについて少し調べてまとめてみました。

 

ポリアミンの概要

あらゆる生体中に含まれ、細胞分裂やタンパク合成に関与している成長因子。

 

母乳に含まれ、乳児の成長促進に関係が深い。

 

加齢によって体内のポリアミンは減少し、老化とも関連すると考えられる。

 

ポリアミンがないと細胞分裂や増殖は行えない。

 

化学的には、第一級アミノ基が3つ以上結合した直鎖脂肪族炭化水素の総称。

 

(以上、ウィキペディアより抜粋)

 

 

 

K乳業では腸内でポリアミンを生成させるビフィズス菌を製造販売。

 

ポリアミンは細胞の増殖に深く関連。

 

乳幼児の細胞や精液など、細胞分裂の多い組織に高濃度で存在する。

 

ポリアミンには、「プトレッシン」、「スペルミジン」、「スペルミン」の3種類がある。

 

細胞分裂の際にDNAが書き換わってしまうと突然変異が起きるので、それを防ぐためDNAを安定させる作用がある。

 

炎症を抑える作用がある。

 

複数種の細胞に投与すると寿命を伸ばす効果が確認され、米国科学誌に掲載された。

 

アンチエイジングへの効果についても同誌に掲載された。

 

(K乳業のビフィズス菌のホームページより抜粋)

 

要約

難しいことはわかりませんが、ポリアミンは正常な細胞分裂を促進する物質のようです。

 

また、あらゆる生体にもとから含まれており、また乳児の細胞に多い物質だから、危険性はないと考えられます。

 

まつ毛育毛サプリ「バンビウィンク」公式ホームページはコチラ