【まつげサプリ・バンビウィンク情報まとめ】

緑内障薬系よりビオチン系がおすすめ

 

まつ毛育毛サプリ「バンビウィンク」公式ホームページはコチラ

 

バンビウィンクは「ビオチン」というビタミンの一種を主成分とするまついくサプリです。

 

従来からあった緑内障点眼薬系のまつ育サプリとどう違うのでしょうか?

 

簡単にまとめました。

 

緑内障薬系サプリの副作用

緑内障という目の病気用の点眼薬に、まつ毛が伸びる副作用が発見されていました。

 

そして、この副作用を起こす成分を使用したまつ毛サプリは従来から売られていました。

 

ただ次のような、まつ毛サプリとして望ましくない副作用があると言われています。

 

  • 眼がかゆくなる
  • 眼が乾燥する
  • 目元の色素沈着(黒ずみ)
  • 目の充血
  • 眼にしみる
  • 眼圧が低下する

 

色素沈着については複数の人が書いているのが見つかりました。

 

上の副作用リストのごく一部でも本当なら、コスメとしては重大な欠点だと思います。

 

ビマトプロストについて

「まつ毛を伸ばす副作用がある緑内障治療の薬」の名前がビマトプロストだというので、ウィキペディアで調べてみました。

 

確かに緑内障の治療薬の欄に載っています。

 

「プロスタグランジン関連薬」という位置づけだそうで、「眼瞼、虹彩の色素沈着やまつげが濃くなるのはほぼ必発であり、」と書かれています。

 

まつ毛が濃くなるのも、まぶたが黒ずむのも本当のようです。

 

その続きには「炎症や黄斑浮腫を引き起こす可能性も指摘されている。」とあります。

 

こんな成分を使ったコスメは使わない方がよさそうです。

 

緑内障とは?

緑内障とは、眼圧が上昇し、視力を失う目の病気です。

 

見た目は黒目が青緑に濁った感じことが多いので、この病名があります。

 

古い言葉では「青そこひ」とも言います。

 

管理人の個人的感情ではありますが、こんな重大な病気の治療薬成分をコスメに使うのは気持ち悪いです。

 

私としてはこの点だけをとらえても、ビタミンのビオチンを使っているバンビウィンクに軍配を上げます。

 

まつ毛育毛サプリ「バンビウィンク」公式ホームページはコチラ